へそくりウォーズ、大阪ステージの「かに極楽」看板を発見

毎日奮闘している「おそ松さんのへそくりウォーズ」ですが、新たな楽しみ方を再認識。ゲーム中は画面の移動が速い、そして画像が小さいため気が付かないのですが、ブログ用に画面のスクリーンショットを撮り、そして拡大してみると、あらゆるところに赤塚不二雄ワールドが散りばめられています。

みなさんお気づきのとおり、街の名称やビルの看板などが「おそ松さんや松野家、そして他のキャラ」になぞらえています。

今回は、大阪ステージにて発見した珍看板のレポートです。

へそくりウォーズ、大阪ステージの珍看板

東京ステージでは、あまり発見できなかったのですが、さすがに大阪。ネオン・看板の多い大阪、食い道楽・お笑いの大阪だけあって、至るところに珍看板が満載です。スマホでは見極めにくいのですが、このように拡大しないとわからないところにも、さりげなくギャクを入れる、手を抜かない姿勢が読み取れますね。

(※)画像を無理に拡大しているため、多少ボケています。

▼このなかに幾つあるか、おわかりでしょうか。中央上のビルの看板がローマ字で「Fujio Akatuka」赤塚不二雄となっています。また、マクドナルドの看板が、大阪的には「マクド」となるところが、「MATUDO(マツド)」となっていますね。

image

▼中央左の牛丼の「松屋」が「松野家」に。中央上の「ニートの攻防」をもじって、「NEET」となっています。これは何の看板でしょうか? 「NEET」の上の文字が気になりますが、「MATSUNOKE(松野家)」となっているものと思われます。さらに、「江崎グリコ」のキャラクター看板が「イヤミ」になってます。この「イヤミ」になっていることだけは、ゲーム中にも確認できます。

image

▼これがタイトルにある「かに道楽」ならぬ「かに極楽」。まさか、こんなところを「極楽」にするとの発想はなかったです。

へそくりウォーズ、かに極楽

大阪ステージ、珍看板のまとめ

こうしてみると、イラスト作成時に、あえて「おそ松さん、松野家、その他のキャラクター」に置換え易い看板を選んでいることは間違いなさそうです。繰り返しますが、大阪ステージの珍看板は以下となります。

  • 「かに道楽」が「かに極楽」
  • 「松屋」が「松野家」
  • 「マグドナルド・マクド」が「マツド」
  • 「江崎グリコ」の看板のイメージキャラクターが「イヤミ」

今後、他のステージでどのように展開となるか楽しみですね(私のゲーム進行が遅いだけで、みなさんは既に発見していることと思います)。