全て読みたい「おそ松さん」特集の雑誌、激選五誌

完全に「おそ松さん」にハマってしまいました。何気なしに始めた「おそ松さん」のゲームアプリですが、2016年1月以降に配信されたゲームは全てプレイし、また、huluで配信中のテレビアニメも全て観ました。

ゲーム・テレビアニメの「おそ松さん」にハマってみて、世間での「おそ松さん」人気の理由が、何となくわかったような気がします。幼い頃・少年少女の頃に観た「おそ松くん」が大人になり、自分と重ねてみたり、バタバタと仕事や家事に明け暮れている自分を忘れさせる魅力が「おそ松さん」にはあるのでしょうね。

今回はそのような人気の背景はさておき、私が欲しい「おそ松さん」関連書籍のご紹介です。

私も購入したい「おそ松さん」関連書籍

▼ダ・ヴィンチによる「おそ松さん」の総力特集です。サブ・タイトルは「松ロスするにはまだ早い!」。テレビ放送終了後の「松ロス」が気になります。

▼一見、目を疑いました。「11/29発売で予約受付中とはどういうこと?」と思いきや、2016年11月29日の発売予定ですね。こんなに早くから予約受付中とは、さすがに人気のある「おそ松さん」。予約受付中にして、Amazon・JUMP j BOOKSのベストセラー1位とは恐るべし。

▼こちらの前松は、2016年7月29日の発売予定です。「おそ松」「カラ松」「チョロ松」のメイン話の他、全10話で構成されています。

▼月間MdN 2016年4月号のおそ松さん特集です。

全59ページの総力特集です。「おそ松くん」が「おそ松さん」と大人になったものの、逆に赤塚不二夫のDNAが色濃く立ち現れたとしています。他にも視覚表現を掘り下げたり、「おそ松さん」ファンの松井玲奈さんのインタビューもあります。

▼公式ファンブック われら松野家6兄弟!。発売予定日は4月30日です。各キャラクター、美術などの設定を完全網羅し収録しています。各キャラクターの違いがイマイチわからない方には最適かもね。