【もやししゃちょー】プレイ序盤の一口コメント、「もやしびとDX」との比較

業務上の出張やらで1カ月ほど更新できない間に「もやししゃちょー」がリリースされていましたが、今更ながらの簡易レビューです。以下のリンク先のとおり、予約サイトで一位となり注目度が高かった「もやししゃちょー」アプリですが、Google Playのレビューをみていても(もやししゃーの熱烈なファンの書き込みも多数あるように思いますが)、かなり評価の高いもの。今回は、この「もやししゃちょー」を「もやしびとDX」と比較しながら、序盤をプレーした範囲での個人的な一口コメント・感想です。

▼関連する過去記事

もやししゃちょー、一口コメント

過去記事で予想のとおり、「もやしびとDX」とほとんど同展開のため、「もやしびとDX」との比較を取り入れつつの感想です。

ややレスポンスがわるいような感覚あり

▼ダウンロード容量的には、他のスマホゲームと比較するとかなり軽いものですが、「もやししゃちょー」「もやしびとDX」を実際にプレイしてみると、「もやししゃちょー」はレスポインスがスムーズではなく、カクカクしているように感じます。

特にもやしを刈り取るところで、そのカクカクさが顕著。私のスマホは、8コア・メモリ3GBで、決して遅くなるような部類ではないのですが、快適にプレイできるかというと、そうではありません。

wp-1466851585734.png

プレイしてみた感想

基本となるストーリー展開は(序盤プレイの範囲)、もやしに「きりふき」を行い、もやしを成長させ収穫する、そのようなシンプルなものであり、「もやしびとDX」と同展開のため省略しますが、気になったのはGoogle Playのレビューでもあるように、広告が多いこと。

▼実際にプレイしている方は、広告の多さを実感しているハズですので、あらためて記載することでもないのですが、「もやしびとDX」と同様に上下の矢印の箇所に広告があります。

vtcusjmea9wptqi1466852775_1466852823.jpg

それだけならよいのですが、「きりふき」をしていると突如として広告が現れたり、「戻る」をタップしても広告が出現こともあり、短時間でも2回ほどクリックしてしまいました。レスポンスがイマイチなこと、そしてこの広告の多さがプレイを中断させてしまいます。

▼序盤から「もやし」の種類が多いことは、シンプルなプレイのなかでも変化があり良いものです。また、「枯れはじめ」など「はじめしゃちょー」をもじっていることも、微笑ましいものがあります。がしかし、ここでも「ゴールデンはじめ」を出現させるためには、広告動画を観る必要があり、広告感の多いアプリとの印象があります。

7iyvfzilagos4li1466853002_1466853030.jpg

ay4yu2pbndtmmxn1466853061_1466853082.jpg

▲「はじめしゃちょー」に疎い私は、「アバンティーズってなんだ?」と早速調べてしまいました。埼玉県のYou Tuberのようですね。「アバンティーズ」については、以下のサイトが詳しいようですが、ここで You Tuberについて、そして「アバンティーズ」をサイトで調べた私は、すっかり「もやししゃちょー」の展開に乗せられているようです。。。

http://ouenblog.com/abanteez